• トップページへ
  • 当院について
  • 外来受診の患者さま
  • 入院の患者さま
  • 看護部の紹介
  • 医療設備のご案内
  • 施設のご案内
  • 関連施設のご案内

ホーム > 看護部の紹介

看護部の紹介

初診受付/ 平日8:30〜10:30
土曜8:30〜10:00
再診受付/ 平日8:30〜14:30
土曜8:30〜11:00
面会時間/ 平日・土曜
13:00〜16:00
日曜・祝日
9:00〜11:00
13:00〜16:00
休診日/ 日曜日・祝日

※急患の場合はこの限りではありません

関連時間

まつかげシニアホスピタル

採用情報

病棟紹介・スタッフ紹介

看護部理念

南1病棟:精神科救急入院料病棟(スーパー救急:男女59床)

平成20年9月、愛知県下では初めて精神科救急入院料病棟として許可されました。 精神科救急病棟は、精神保健福祉法に則った全ての入院形式や鑑定入院の患者様を受け入れる病棟です。病床数の50%以上が個室という物理的環境と医師・看護師を初めとする手厚い人員を配置した人的環境を整備しています。緊急性を要する精神状態の患者様を速やかに受け入れ、多職種(医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士etc)のスタッフで患者様の個別性を重視して、集中的に質の高い医療を提供し、早期回復、早期社会復帰を目指します。

南2病棟:精神科一般病棟(亜急性期病棟:男女60床) 

精神科救急病棟に入院した患者様の精神症状が3ヶ月以上にわたり遷延し、中長期的且つ、段階的に治療を必要とする患者様が入院する病棟です。 患者様個々の症状に合わせた薬物療法・精神療法・日常生活指導・服薬指導・作業療法を行い、寄り添い、不安の軽減に繋がる看護が提供できるように努め、患者様の1日も早い社会復帰と自立を目指します。

南3病棟:精神科療養病棟(男性60床)
南4病棟:精神科療養病棟(女性60床)

急性期症状は背景化し、意思欲動の低下や自閉などの陰性症状が慢性的に持続して、長期的に治療・療養が必要な患者様が入院する病棟です。 ADL(日常生活動作)やIADL(手段的日常生活動作)指導・教育を行い、セルフケア能力や対人関係を中心とする社会生活技能の維持・向上を図ります。また、社会生活の上で様々な困難を抱える患者様の自己対処能力を高め(エンパワーメント)、ご家族と共に患者様を支え自立を目指します。

南5病棟:地域移行機能強化病棟(男女60床)

1年以上入院している患者様、又は、1年以上におよぶ可能性のある患者様に対し、退院後に地域で安定的に日常生活を送るための訓練や支援を集中的に実施し、地域生活への移行を図る病棟です。医師を含む多職種が共同して、入院が長期化している患者様の退院意欲の喚起、ADL(日常生活動作)やIADL(手段的日常生活動作)の支援、服薬指導など、個々の患者様に応じた具体的支援を実施します。内容については、月1回以上開催する退院支援委員会で議論し、退院支援計画に記載します。

北2病棟:精神科療養病棟(男性49床)
北3病棟:精神科療養病棟(女性48床)

慢性期の精神病状態で且つ重度の精神機能障害を呈した患者様が入院する病棟です。 ご家族の思いに寄り添い、日常生活指導を中心に個別的関わりを基本とし、セルフケア能力の維持・向上を目標に援助します。 また、作業療法を積極的に取り入れ、現実的刺激を加えることで、より安定した情動と健康的生活が保たれることを目指します。

北4病棟:精神科療養病棟(開放病棟 男女45床)

精神状態が安定した回復期から慢性期にある患者様が、入院治療の必要性を理解し、治療継続に同意した任意入院の患者様が対象となる病棟です。 開放的療養環境の中で、患者様個々の抱えている課題を多職種スタッフ(医師・看護師・薬剤師・精神保健福祉士・作業療法士etc)で関わり、ADL(日常生活動作)・IADL(手段的日常生活動作)・服薬指導・作業療法など、様々な援助や教育を受け課題をクリアーすることで社会復帰を目指します。

中2病棟:精神科一般病棟(開放病棟 男女44床) 

主に長期入院患者様がご高齢となり、精神症状に加え身体的合併症を来し、内科的治療・看護が優先的に必要となった患者様が入院する病棟です。また、他の病棟で緊急性の高い身体管理が必要な患者様がいる場合にそれを受け入れ、ご家族の意向を尊重し、当院で治療可能な範囲で集中的に治療・看護を行い、身体機能の回復を目指します。患者様の状況により、専門の病院へ搬送致します。

中3病棟:精神科一般病棟(男女44床)
中4病棟:精神科一般病棟(男女45床)

主に長期入院患者様がご高齢となり、認知機能及び身体機能の低下を認め、全般的な日常生活援助が必要とされる患者様が入院する病棟です。 患者様の残存機能の維持・向上を目指し、高齢者に合わせた運動療法・音楽療法・作業療法を行います。 患者様一人ひとりの尊厳を重んじ、ご家族の思いに寄り添う看護を大切にします。

中5病棟:精神科一般病棟(男女45床)

精神状態が安定した回復期にある患者様や慢性期の病態にある患者様で、セルフケア能力の維持・向上や社会性回復に向けた精神科リハビリテーションを強化する患者様が入院する病棟です。IADL(手段的日常生活動作)の回復・改善に向けた個別的援助やアドヒアランス(患者様が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けること)獲得に向けた服薬自己管理指導等の個別的問題解決に取り組み、社会復帰を目指します。

スタッフ紹介