s

機器の紹介

「見えないところを見る」精密で最新の医療機器を導入しています。
しかし機材だけに頼るのではなく経験と医療者のこころでその人に合った的確な治療法を組み立ててゆきます。

PET-CT

PET検査は、がん細胞が正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込むという性質を利用します。ブドウ糖に近い成分(FDG)を体内に注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影します。するとブドウ糖(FDG)が多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなります。

CT

身体の周りからX線を照射し、体内の輪切り画像を撮影します。
(コンピュータ断層撮影)

MRI(1.5T)

MRIは肝臓がんなどの内臓検査、脳梗塞などの脳内血管の検査を行うことができます。

マンモグラフィ

マンモグラフィは、早期乳がんのサインである石灰化や腫瘍などを写し出します。

超音波検査

放射線被爆の心配がない超音波を使った検査です。

SPECT

SPECT(単光子放射線コンピュータ断層撮影) SPECTとは、シングル・フォト・エミッションCTの略語で、体内に注入したごく微量のRI(放射性同位元素)の分布状況を放射線量から読みとり、断層画面で見る検査のことです。

X線骨密度測定

骨粗しょう症や加齢による骨の変化の診断に利用されています。
まつかげ予防医学・健診センター TEL.052-352-3250(代) 〒454-0926 名古屋市中川区打出二丁目347番地
Copyright(C) Matsukage Medical Center. All Rights Reserved.