• トップページへ
  • 当院について
  • 外来受診の患者さま
  • 入院の患者さま
  • まつかげ予防医学・健診センター
  • 医療設備のご案内
  • 施設のご案内
  • 関連施設のご案内

認知症疾患医療センター

<診療時間>
平日/9:00~12:00
    13:00~17:00
土曜/9:00~12:00
<面会時間>
平日・土曜/13:00~19:00
日曜・祝日/9:00~11:00
        13:00~19:00

関連時間

まつかげシニアホスピタル

採用情報

ホーム > 認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センター

認知症とは

脳は、私たちのほとんどのあらゆる活動をコントロールしている司令塔です。
それがうまく働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなります。

認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったために様々な障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態(およそ6ヶ月以上継続)を指します。認知症を引き起こす病気のうち、もっとも多いのは、脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」と呼ばれる病気です。アルツハイマー病、前頭・側頭型認知症、レビー小体病などがこの変性疾患にあたります。

続いて多いのが、脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために、神経の細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、その結果その部分の神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れてしまう脳血管性認知症です。

認知症の症状

脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状が記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下、実行機能の低下など中核症状と呼ばれるものです。これらの中核症状のため、周囲で起こっている現実を正しく認識できなくなります。

本人が元々持っている性格、環境、人間関係など様々な要因がからみ合って、うつ状態や、妄想のような精神症状や、日常生活への適応を困難にする行動上の問題が起こってきます。これらを行動・心理症状と呼ぶことがあります。

このほか、認知症にはその原因となる病気によって多少の違いはあるものの、さまざまな身体的な症状も出てきます。特に血管性認知症の一部では、早い時期から麻痺などの身体症状が合併することもあります。アルツハイマー型認知症でも、進行すると歩行が拙くなり、終末期まで進行すれば寝たきりになってしまう人も少なくありません。

認知症の症状