名古屋市中川区 医療法人生生会 まつかげ予防医学・健診センター

認知症を予防する新たな挑戦

日本は他の国に類を見ない速度で高齢化が進んでいます。
それに比例して認知症の患者も増加し、2025年には
700万人の認知症患者を抱える認知症大国になるとされています。
こうした背景により、認知症予防、
早期発見、早期対処等が現在進められています。
そこで当センターでは新たに「アミロイドPET検査」を導入し
アルツハイマー型認知症の発症をより早くとらえようと考えています。

認知症の原因となるアミロイド沈着は認知症発症する遥か20年前から脳に沈着してきます。

認知症の約50%はアルツハイマー型認知症

厚生労働省によると、認知症患者は
2025年には700万人前後、
65歳以上の約5人に1人が認知症に罹患する
という推計値が発表されています。 (出典:2017年7月厚生労働省「新オレンジプラン改訂」)

アルツハイマー50% レビーリ体型20% 脳血管性15% その他15%
Sperling RA et al:Alzheimer’s & Dement 7:280-292,2011より引用改変

近年、脳内にアミロイドと呼ばれる異常蛋白が蓄積する事がアルツハイマー型認知症の原因ということがわかってきました。
アミロイドは発症の10~25年前から脳内に蓄積しはじめ、それが神経の機能障害や細胞障害を引き起こし、認知機能障害が現れると言われています。

つまり…

これまでは死後に解剖などでしか異常蛋白を診断することができませんでしたが、近年PETの技術により、アミロイドを測定できるようになりました。

現在の医療技術では、アミロイドPETのみが、アルツハイマー型認知症の原因である
アミロイドを直接診ることができるのです。

アミロイドPET検査

  • 身体にPET診療用放射性薬剤を投与します。

  • 投与後約90分で検査薬が異常蛋白と結合します。

  • その後、PET装置にて頭部を撮影し、脳内の異常蛋白の蓄積をカラー画像で診断します。

脳のアミロイド沈着を画像イメージ化

正常(アミロイド陰性) 異常(アミロイド陽性) LSI札幌クリニック院長  服部直也先生  ご提供

アミロイドPET検査

発症前のアルツハイマー型認知症の予兆をとらえる
「アミロイドPET検査」

検査費用:450,000円(税別)
検査日:毎週金曜日

検査の流れ

01

ご予約

受診は完全予約制となっております。あらかじめお電話または、人間ドック予約フォームよりご予約をお取りください。

02

専門医による問診

検査の事前説明をさせていただきます。既往歴や運動機能、自覚症状なども診ます。

03

認知機能検査

問診テストを行い、認知機能の評価をします。結果の解釈に役立ちます。

04

MRI検査

脳の萎縮や腫瘍・血管性病変などを評価するとともにアミロイドPETの結果を解釈する上でも有用です。

05

PET検査

身体にPET診療用放射性薬剤を注射します。投与後約90分で検査薬が異常蛋白と結合します。その後、PET装置にて頭部を撮影し、脳内の異常蛋白の蓄積を画像で診断します。

06

結果説明

結果は郵送でお知らせ致します。希望者には専門医によるカウンセリングを行います。
必要に応じて認知症疾患医療センターでの専門治療をご案内致します。(保険診療可)